お金を借りなければならない状態って?

私はお金が大好きなので貯金をするのも好きなのですが、このことから消費者金融やカードローンからお金を借りるまでになってしまうことがあまり想像できませんでした。

体調面で働けないというような場合には仕方ないと思いますが、借りることになるのはリスキーな懸けをしたり、夢を叶えるために投資がたくさんいるという場合でしょうか。

初期投資が必要で、後で返せるのなら良いのですが、そうでないのならむやみに借りるべきではないと思うのです。もし失敗したらと考えると後のことが怖いですから・・。

そんなことを考えない人が成功するのでしょうけれど、私はどうやら堅実に行く派のようなので将来借りることになっても計画性を持って借り入れするかと思います。

もし仮に夢や目標ができてお店を開きたいと思うようなら、それに向けて着々と自分でお金を貯めるでしょう。

貯め切ってから使うというのが私のスタンスで、今までもそうしてきました。

消費者金融もカードローンも便利ですが、計画を立てなければ怖いものに早変わりしてしまうのでむやみに借り入れるのはダメだと思うのです。

消費者金融はピンからキリまである

銀行は小さな銀行であってもそれなりの規模はありますが、消費者金融は大手の消費者金融はほとんど人が一度か二度は聞いたことがあるような会社が多いですが、小規模な消費者金融になれば、殆ど聞いたことがないような会社ばかりです。

もともと消費者金融についてはいい印象を抱いていない人もいますが、小規模な消費者金融になれば、ヤミ金と混同する人も少なくありません。

もちろん、小規模な消費者金融といえども登録している消費者金融であれば、全ては法律の枠内で活動しているわけですから、法外というわけではありません。

利息も利息制限法で決められているので、法律の上限を超えては営業できないのです。
それとは対照的にヤミ金は法律の枠外で活動していますから、利息なども利息制限法では考えられないくらい高利で貸付をしています。

法律の枠内で活動しているのと法律の枠外で活動しているのはそれこそ天と地との違いがあると言ってもいいくらいなのです。

名称が変わってもイメージは変わらないままなのか?

今では、消費者金融と呼ばれるようになりましたし、テレビでも大掛かりにCMが流れています。

今の若い世代の人には、サラ金という名称はなじみがないかと思います。もともとはサラリーマン金融と呼ばれていたように、会社員を主に対象とした貸金業がその始まりです。

銀行などからの融資審査に比べて、手軽に借り入れできると言った利便性も後押しして、その数を大きく増やしていきました。しかし、取り立てや利息に苦しむ人が次第に増えていき、昔はよく親から「ハンコを押すな・保証人にはなるな・サラ金から借りるな」と言われて育ったものです。

貸した方が悪いのか?借りた方が悪いのか?ということも良く言われてきました。しかし、何度かの法改正によって、以前ほど怖いイメージは無くなってきたかと思います。
利用限度額も年収の3分の1までと決まったり、利息の上限が引き下げられたりで、賢く利用できるのならすごく便利な気もいたします。

今では弁護士や司法書士がTVのCMで、「過払い金請求」を宣伝しています。過払い金請求で廃業している業者もあると聞きます。昔は借りた人が困窮し、今では業者が廃業に。

見る角度によっては皮肉に思える状況かもしれませんね。

消費者金融に対するイメージの変化

消費者金融と言うと、昔から悪いイメージしかない人が多いのではないでしょうか?例えば、1番多いのが、怖いとか、厳しいとかそういった感じだと思います。

しかし、今の時代消費者金融に対するイメージは大きく変化していると思います。消費者金融のTVCMをよく見かけるようになりました。

また、消費者金融を利用する人も増加しているように思います。日常生活の上で、どうしてもお金の問題が出てきてしまうことがあると思います。

そういった時に、どのようにお金を工面しますか?銀行でお金を借りることも出来ますが、銀行での借入は消費者金融よりも厳しく、また審査から借入までの時間がかかる場合が多くあります。

その点、消費者金融は早いところだと、申込みから即日審査即日融資が出来たりします。

また一定の金額以内なら所得証明が不要なところが多いです。

銀行よりも金利は高いですが、どうしても早くお金を工面しなければならなくなった時に力になってくれるのが消費者金融の魅力だと思います。

しっかりと計画的に返済出来るなら、消費者金融での借入もいいと思います。

消費者金融の利点と注意点を知ろう

かつて社会問題の原因になったこともあるサラ金が前身ということで、いまだに偏見の目で見られることが多い消費者金融ですが、過払い金請求を乗り越えて現在まで生きのこっている業者は、いずれも非常に健全です。

現在の消費者金融利用者は優に300万人を越えていますが、そこまで多くの人達に支持されている理由は、なんといっても融資の受けやすさとスピードの2点でしょう。

消費者金融の融資は、銀行系カードローンに比べると厳しくありません。パートやアルバイトであっても、他に借金が無いのなら普通に融資を受けられます。
長年無担保融資を行ってきたことで蓄積されたノウハウは、銀行のそれを凌駕しているので、審査に必要な時間もごくわずか。業者によっては最短30分程度です。

長年厳しい競争に晒されてきたので、サービス内容も充実しています。銀行と違って何時何度利用してもATM使用料は取られませんし、1週間以内に返済すれば、利息をゼロにすることも可能です。

ただし、当然のことながら金利は総じて高め。法律で定められた上限ギリギリの金利を設定している業者がほとんどです。総量規制の対象になっているので、複数社から借りることは難しいです。

以上の利点と注意点を知っておくことで、消費者金融の利便性だけを最大限引き出せることでしょう。

私が思う消費者金融を利用するメリット

お金と言うものは、備えがあればいざという時に慌てないで済みますが、誰もがそう言った貯蓄を蓄えられるとは限りません。

貯蓄が無い時に大金が必要になった場合などに、消費者金融はとても頼りになる存在です。
特に最近では、インターネットなどでも、消費者金融に関する情報が無数に掲載されているため、様々な情報を入手しやすくなってきました。

そう言った情報を吟味することによって、より使い勝手の良い消費者金融の業者を探しやすくなり、少ない金利でお金を借りることが出来るようになります。

消費者金融を選ぶ際に必要なことは、金利の少なさ以外にも、借入金額の限界や、審査時に必要な手順なども、選択する際の重要な基準ポイントになるのです。

比較サイトなども、金融業者選びに大いに役立ちます。

お金に関するトラブルは、人生を生きていくうえで避けて通れないものです。
そう言ったトラブルを無事に乗り越えていくためにも、消費者金融を有効活用していくことが大事です。

私が思う消費者金融を使用するデメリットについて

気軽に利用できるお金を借り入れ出来る消費者金融ですが、デメリットがあります。

消費者金融は簡単に借りれる反面、金利が銀行に比べて高いという特徴があります。その為、借入期間が長くなればなるほど、金利分として負担しなければならない額が増えていきます。

借入した場合、出来る限り短期間で返済をおすすめします。金利分の負担が膨らんでしまうからです。

借りやすい事が裏目に出て、借入額が増えてしまう問題も起こります。簡単にお金が手に入ってしまう為に、1社を限度額まで借りてしまい、返済のために別の会社からお金を借入するという多重債務に陥る人も多いです。

借りれれば良いですが、重量規制の為に、年収の3分の1以上は借り入れる事が出来ない法律がある為に自己破産に追い込まれるケースもあります。

消費者金融に手を出して人生を棒に振ってしまう人もいるので、消費者金融は便利で使いようによっては良いものですが返済の事を考えて借入する事が肝要です。

消費者金融で起こりがちなトラブル

即日で融資をしてくれ、フリーターやパートの方でも比較的審査が通りやすく手軽なイメージのある消費者金融。

しかし手軽である分、上限金利はのきなみ17~18%(借り入れ限度額10万以上100万未満の場合)を設定している業者が多いのが現実です。これは利息制限法で決められている、制限金利いっぱいの金利となっています。高金利であるがゆえに、安易に借り入れをしてしまうと、様々なトラブルを招いてしまうかもしれません。

他人に自分の名義で借金をされる

消費者金融では、簡単に借り入れができ、確認作業に関しても比較的緩いことがあります。身分証明できるものがあれば、融資をしてくれるので、他人名義の身分証明書を使って借りることも可能なんです。ただしこの場合は、もちろん返済の義務はありません。

返済ができない

簡単に現金が手に入る分、高金利であるが故にしっかりとした返済計画を立てなければ返済が滞る、または返済が不能となってしまうかもしれません。例えば50万円借り入れをした場合、月々15000円ずつの返済だと利子だけで20万程度かかることがあります。
契約をする際は慎重に検討を重ねた上で行いましょう。

返済に困らない額なら消費者金融は便利

消費者金融はよく「ノンバンク」と呼ばれています。これは銀行でないことを意味しています。共通しているのはお金を貸してくれることです。しかしその内容についての違いを知ることは大変重要です。

例えば、一生の最大の買い物に住宅があります。購入のために銀行で融資を申し込みますと、安定した収入が将来を通じてあるのか、言い換えれば返済能力に問題がないのかと厳しい審査があります。

一般に銀行でお金を借りる場合は借入限度額が高く、融資利率が低いといえます。

一方消費者金融は、審査において銀行ほどの厳しさがありません。スピーディーな手続きを特徴としています。しかし融資限度額が低く、融資利率は高いのが特徴です。多くの人に少額を貸し付け、高利率で回収するのが消費者金融といえます。少額ならいつでも借りられると錯覚しがちです。そうならないように自制しなければなりません。

至急にお金が入り用で、返済に困らない額なら消費者金融を賢く利用するのも良いでしょう。

消費者金融で借りたお金が返済不能になる人の特徴

消費者金融から借りたお金を滞納してしまう人たちには共通点があります。逆にいえば、その特徴を知ることで自分が利用する際の助けになるはずです。

滞納してしまう人の多くは、消費者金融に関する基礎的な知識を持ち合せていない傾向にあります。
たとえば最高年利はどれくらいなのか、返済が遅れたらどのようなペナルティが生じるのか、そもそも利息とは何なのかということすら知らない人も多いです。

パチンコや競馬などが大好きという点も、延滞不能者たちの多くに共通しています。ギャンブルにのめり込むにつれて、お金を大切するという考えがなくなり、返済する意思も失せてしまいます。

滞納者達が全員不真面目というわけではありません。むしろ真面目で恥の意識が強く、人に相談出来ない傾向にあります。

以上が滞納者達に特に共通していることです。
つまり、利用の際は消費者金融に関する基礎知識を事前によく勉強し、ギャンブルとは縁を切り、場合によっては人に頼ることも辞さないようにしましょう。

初めての借り入れなら利息0の金融業者を選ぼう

最近は金融業者も顧客獲得の競争のためか、利用者としては嬉しいことに最初の数日間は利息0にしてくれる業者が増えています。

初めてお金を借りるのであれば、まずはこうした無利息の業者を探して選ぶのが良いでしょう。

これらの無利息のサービスは、提供している事業者でもいちど利用していくとその業者では無利息のサービスが2度受けられない場合がほとんどです。いわゆるトライアルサービスのような位置づけにあるので、初めてお金を借りるのであればほぼ確実に有効となるでしょう。

その他にも、一旦利息0のサービスを受けた後、関西して別の事業者で借り入れすることがあればその事業者でも利息0の業者を選ぶことをお勧めします。

利息は重なるとかなりの金額にはなりますので、最初の1ヶ月分だけでも利息0になると利用者の損失はかなり大きく抑えられるものです。特に初めて利用するのであれば使い勝手が分からないこともあるかと思うので、利息0で猶予が多くある方が安心して利用するきっかけにもなるでしょう。